レディース財布☆おすすめ6サイト

Home > レディースの財布について > ご利益のある財布を新調してみよう

ご利益のある財布を新調してみよう

 財布を選ぶときは、素材や使い勝手よりも「金運」というように風水に頼る財布の選び方が定着しています。
気づけば、いつも同じ色の財布を選んでいて、なおかつお金が貯まらないのならば、一度財布の色を変えてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、一般的に赤色の財布が少ない理由としては、火を連想してお札が燃えてしまうことや、浪費グセから敬遠されているようです。
似て非なる色として、レディース財布に比較的多いのはピンクではないでしょうか。
女性の開運という色の意味合いもあり、恋愛や結婚運までがアップしますし、淡い色味は男女問わず、印象を損なうことはありません。
ちなみに、ピンクはお金を育てる色で、財力のある人を引き寄せるので、女性ならば玉の輿になり得る可能性もあるようです。
また、財布を選ぶ際にはブランド物でなければ嫌、という女性は少なくありません。
ブランド物の財布を見れば、モノグラム柄やチェック柄などの色柄も豊富に揃っています。
風水からいえば、柄にも開運に繋がる意味があります。
例えば、レディース財布に多いリボン柄やハート柄、花柄は、出会いや恋愛運もアップしますし、春(張る)財布として選んでみたい色柄です。

 風水から財布を選ぶ傾向の女性、しかし、使い始めや役目を終えた財布の処分はどうしているのでしょうか。
それらもやはり、風水に習って行っているようです。
例えば、新調する時期は春ですが、3年使いが定着しています。
財布は色はもちろん、素材や形によって使い勝手に繋がります。
柔らかな素材などは手にフィットして馴染みがよいものです。
しかし、馴染むようになった時期が新調するタイミングになります。
そして春のタイミングに購入しても大事なのは、使い始める日にも意味があるということです。
使い始める前には、役目を終えた財布は処分しておかなければなりません。
お金は【水】に触れることで増えることから、雨の日に感謝を込めて処分しましょう。
そして新調した財布には、沢山の新札を入れて富を財布にインプットさせましょう、というのが風水の考え方なのだそうです。
ご利益をもらえるならば、やらないよりやってみてはいかがでしょうか。

 レディース財布では、お札と小銭入れ、キャッシュカードやポイントカードが入る機能性はもちろん、誰から見られても恥ずかしくない高級な財布を使っている女性の方が圧倒的に多いようです。
これまでは、お金にストレスを与えないからという風水的考えから、長財布が定番となる形でした。
しかし今は、キャッシュレスの時代、スマホやカード決済のシステムも進み、財布もコンパクト化しています。
今は、小銭入れの注目度が高まっているようです。
というのは、先に述べたようにキャッシュレスの時代であることはもちろん、羽根が生えて飛んでいく薄いお札と比べて、小銭は重たく貯まりやすいようで、いわゆる小銭貯金とした使い方がされています。
ブランド物でも、がま口タイプもラインナップされていたり、小銭入れだけを購入する女性は少なくないようです。

次の記事へ

カテゴリー